ここから本文です

パオロ・タヴィアーニ

生年月日
1931年11月8日
出身地
イタリア

略歴

幼い頃から音楽教育を受けヴァイオリンを学ぶ。一家がピサに移住するとそこの高校、大学へ通い、文学を専攻した。48年にロベルト・ロッセリーニの「戦火のかなた」に感化され、兄のヴィットリオと映画作りをめざすようになる。大学を中退後は、ローマに出てドキュメンタリー映画を撮りつつ、ヴァレンティーノ・オルシーニと共同監督作品を何本か発表。67年より兄弟だけで長編劇映画を監督しはじめ、77年の「父/パードレ・パドローネ」がカンヌ映画祭でグランプリを受賞。他に「サン★ロレンツォの夜」、「グッドモーニング・バビロン!」、「フィオリーレ/花月の伝説」などがある。兄弟でカット数の半分ずつを演出するという独特の方法が特徴。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ベルリン国際映画祭 第62回(2012年)
ヴェネチア国際映画祭 第43回(1986年)
  • 経歴賞
カンヌ国際映画祭 第35回(1982年)
カンヌ国際映画祭 第30回(1977年)
ヴェネチア国際映画祭 第23回(1962年)
  • 特別表彰

  • UN UOMO DA BRUCIARE(A MAN FOR BURNING)
本文はここま>
でです このページの先頭へ