ここから本文です

ヴィク・モロー

生年月日
1929年2月14日
出身地
アメリカ/ニューヨーク市ブロンクス

略歴

高校時代に海軍に入り、南米の基地を転々とする。除隊後にフロリダのサザン大学に入学して法律を学ぶが学生劇に魅了され、メキシコ・シティ大学に移って演技を学ぶ。卒業後に地方の劇団を経てアクターズ・スタジオで更に演技を学び、55年、「暴力教室」で映画デビュー。すぐには芽が出なかったが62年スタートのTVシリーズ「コンバット」でサンダース軍曹を演じてお茶の間の人気を得た。その一方では演出家としての才能も発揮。「コンバット」の数話を監督(66年に監督した「コンバット/丘を血に染めて」はシリーズの中でもかなりの力作で有名)したり、69年の「スレッジ」を手掛けた。映画のほうでは成功してとは言えなかったが、76年の「がんばれ!ベアーズ」では“ベアーズ”の宿敵チームの監督をいやらしく演じていた。57年にバーバラ・ターナーと結婚して二人の娘が生まれたが64年に離婚。次女のジェニファーはその後女優となった。その後75年に再婚したが一年足らずで破局を迎えている。82年、「トワイライトゾーン/超次元の体験」で二人の子供を抱え、戦火に追われるシーンの撮影中に頭上からヘリコプターが落下。子供もろ共プロペラに巻き込まれて帰らぬ人となった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ