ここから本文です

ジョン・フォード

生年月日
1894年2月1日
出身地
アメリカ/メイン州ケープ・エリザベス

略歴

本名はSean Aloysius O'Feeney。高校卒業後、ユニバーサル社で働く兄のフランシスを頼ってハリウッドへ行き、助監督となる。間もなく監督に昇進し、17年の「武力の説教」が高い評価を受けた。当初はジャック・フォードを名乗った。23年よりジョン・フォードに改名。24年の「アイアン・ホース」で第一線監督となり、快進撃を続ける。35年の「男の敵」でアカデミー賞他を受賞、39年の「駅馬車」、40年の「怒りの葡萄」などの不朽の名作を送り出した。他に、「荒野の決闘」、「黄色いリボン」、「ミスタア・ロバーツ」、「捜索者」などがある。生涯で百数十本を監督し、“男のメロドラマ”を描き続けた。『アラモ』など役者としての出演作もある。20年に結婚。娘は女優となり、息子はプロデューサーになった。73年にガンでこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第32回(1971年)
  • 栄誉賞
ゴールデン・グローブ 第12回(1954年)
  • 開拓賞
アカデミー賞 第25回(1953年)
ヴェネチア国際映画祭 第13回(1952年)
ヴェネチア国際映画祭 第9回(1948年)
アカデミー賞 第14回(1942年)
アカデミー賞 第13回(1941年)
NY批評家協会賞 第7回(1941年)
NY批評家協会賞 第6回(1940年)
NY批評家協会賞 第6回(1940年)
NY批評家協会賞 第5回(1939年)
アカデミー賞 第8回(1936年)
NY批評家協会賞 第1回(1935年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ