ここから本文です

ヴェルナー・ヘルツォーク

生年月日
1942年9月5日
出身地
西ドイツ/ミュンヘン

略歴

本名はWerner Stipetic。15歳で初めてシナリオを書き、ミュンヘンで歴史や演劇を学ぶ。その後、奨学金でアメリカに渡り、ピッツバーグで映画とテレビの勉強をする。62年に初の短編映画を完成させ、63年には自らのプロダクションを設立した。66年にドイツの映画推進理事会により30万マルクを援助され、長編「生の証明」を撮った。以後はニュー・ジャーマン・シネマの旗手として注目され、「蜃気楼」、「小人の饗宴」、「カスパー・ハウザーの謎」など異色作を発表。70年代に入ってからは、個性派俳優クラウス・キンスキーとのコンビ作「ノスフェラトゥ」、「フィッツカラルド」、「アギーレ/神の怒り」などが話題になった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
NY批評家協会賞 第71回(2005年)
  • ドキュメンタリー賞

  • グリズリーマン
ヴェネチア国際映画祭 第48回(1991年)
カンヌ国際映画祭 第35回(1982年)
カンヌ国際映画祭 第28回(1975年)
カンヌ国際映画祭 第28回(1975年)
ベルリン国際映画祭 第18回(1968年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ