ここから本文です

アラン・アーキン

生年月日
1934年3月26日
出身地
アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク市

略歴

本名はAlan Wolf Arkin。幼い頃から俳優に憧れ、LA州立大学卒業後にバーモントのベニントン大学で演技を学ぶ。しかし最初に名が知られるようになったのはミュージシャンとしてで、学生時代から結成していたフォーク・グループ“ザ・タリアーズ”で一躍人気者になった(その後“ベイビーシッターズ”にも参加)。役者としては1959年にセントルイスの舞台でデビュー。地方巡業を経てオフ・ブロードウェイからブロードウェイに進出。63年にはトニー賞とシアター・ワールド賞に輝いた。66年「アメリカ上陸作戦」で映画デビュ-を飾り、アカデミー主演賞ノミニーとゴールデングローブ賞を受賞。以降はどんなジャンルでもこなす俳優として多くの作品に出演。68年の「愛すれど心さびしく」では再び名演を披露してアカデミー主演賞にノミネートされ、NY批評家協会賞を受賞した。その一方ではオフ・ブロードウェイで演出を手掛け、70年にはオビー賞の演出賞を受賞。71年にはその内に一本の映画化作「殺人狂想曲」で監督にも挑戦した。また写真や書籍などアーティスティックな才能にも恵まれ、子供の為のレコードも発表した。55年に学生結婚するが60年に離婚。64年に再婚して計3人の父親。子供は皆俳優になった(その内のひとりはアダム・アーキン)。2006年の「リトル・ミス・サンシャイン」では孫娘を愛する毒舌ジイさんを好演し、久々にオスカーにノミネートされ、三度目の正直でついに受賞を果たした。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第79回(2006年)
NY批評家協会賞 第41回(1975年)
  • 助演男優賞

  • HEARTS OF THE WEST
NY批評家協会賞 第34回(1968年)
ゴールデン・グローブ 第24回(1966年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ