ここから本文です

レイ・ミランド

生年月日
1907年1月3日
出身地
イギリス/ウェールズ

略歴

本名はReginald Alfred John Truscott-Jones。カレッジ卒業後、近衛騎兵連隊に入るが、元々芸術に興味があり、29年に女友達の女優がいる撮影所を訪ねたところ映画出演を誘われ、“スパイク・ミランド”という名前で端役デビューする。その後数本の作品に出演した後、芸名を“レイモンド”に変更。いつしか現在の名前になった。イギリスの映画会社からの契約話もあったが原作者のアニタ・ルースの勧めでアメリカへ渡り、MGMと契約。しかし8本に出演後に解約され、一時イギリスに戻るが再び渡米して34年、「ボレロ」で本格的デビューとなった。以降、次第に人気も出てくるが演技面が追いつかず、低迷期もあったものの、45年の「失われた週末」の鬼気迫る熱演でアカデミー主演賞を受賞。もうひとつの代表作「ダイヤルMを廻せ!」でも好演を見せた。「白昼の対決」からは監督業も手掛けるようになり58年からはTVシリーズに出演。その後はB級SFホラー作品が中心となっていた。32年に結婚して一男一女がいた。86年、肺ガンのために死亡。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第18回(1946年)
カンヌ国際映画祭 第1回(1946年)
NY批評家協会賞 第11回(1945年)
ゴールデン・グローブ 第3回(1945年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ