ここから本文です

サミー・デイヴィス・Jr

生年月日
1925年12月8日
出身地
アメリカ/ニューヨーク市ハーレム

略歴

ユダヤ系の父と叔父が芸人だったことから2歳で舞台に立たされ、地方巡業をしながら育つ。そのため学校には行かず、通信教育で高卒の資格を取得。44年に陸軍へ入隊し、除隊後は父達から独立してTVやナイトクラブで声帯模写やダンスなど、多才な才能を活かしてマルチ・タレントとして大活躍。“チビでニグロでユダヤ”と彼自身が冗談交じりに発言したという通り、生立ちや54年に交通事故で左目を失明するなどの不運もあったが、その総てを克服して66年にはブロードウェイで主演するなど超一流のエンターティナーとして確固たる地位を築き上げた。映画は59年に本格デビュー。60年の「オーシャンと十一人の仲間」以降、いわゆる“シナトラ一家”の一員として多くの作品に出演したが、70年にラスベガスの公演中に倒れて以来仕事をセーブしたという。日本ではサントリーのCMが有名。結婚は計3回。ヘビースモーカーで喉頭ガンにかかり、90年に心臓発作でこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ