ここから本文です

キャスリン・ビグロー

生年月日
1951年11月27日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州サンカルロス

略歴

サンフランシスコ・アート・インスティチュートに学び、1979年よりコロンビア大学の大学院で映画を学ぶ。83年の「ラブレス」をモンティ・モンゴメリーと共同監督、87年の現代吸血鬼もの「ニア・ダーク/月夜の出来事」で単独監督デビューを果たした。女流監督とは思えない大胆な演出や骨太のアクション描写が特徴で、「ブルースチール」ではジェイミー・リー・カーティスの持ち味を十分に引き出し、キアヌ・リーヴス主演の「ハートブルー」では相反する男たちの友情を好演出した。その最たるものが08年に手掛けた「ハート・ロッカー」で、イラク戦争における爆弾処理班の姿を力強いタッチで描き切り、賞レースを圧倒。アカデミー賞でも作品賞や女性として史上初となる監督賞をはじめ6冠に輝き、対抗馬だった「アバター」のジェームズ・キャメロン監督との元夫婦対決にも完勝して一躍時の人となった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
NY批評家協会賞 第78回(2012年)
アカデミー賞 第82回(2009年)
NY批評家協会賞 第75回(2009年)
LA批評家協会賞 第35回(2009年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ