ここから本文です

是枝裕和

出身地
東京都

略歴

大学を卒業後、テレビマンユニオンに参加、主にドキュメンタリー番組の演出を手掛ける。95年、初監督作品「幻の光」が第52回ヴェネツィア国際映画祭でオゼッラ・ドゥオロ賞を受賞して注目される。以後も「ワンダフルライフ」(99)、「ディスタンス」(01)と話題作をコンスタントに発表、「ディスタンス」はカンヌ映画祭のコンペ部門に正式出品されるなど日本のみならず海外でも高い評価を受ける日本を代表する気鋭監督の一人。近年はプロデュース業も精力的にこなし、新人若手監督の輩出にも力を入れている。04年、「誰も知らない」がカンヌ映画祭で2作連続のコンペ部門正式出品を果たし、同作の主演俳優柳楽優弥が見事男優賞を獲得した。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第71回(2018年)
カンヌ国際映画祭 第66回(2013年)
ヴェネチア国際映画祭 第52回(1995年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ