ここから本文です

レスリー・ハワード

生年月日
1893年4月3日
出身地
イギリス/ロンドン

略歴

本名はLeslie Howard Stainer。ハンガリー系移民の子として生まれる。弟のアーサーも俳優。銀行員をしていたが第一次大戦に従軍して精神を病み、その治療の一環として始めた演劇に魅了されて病気を克服。17年に舞台デビューを果たす。やがて舞台俳優としてNYでも人気を得て活躍。叔父のウィルフレッド・ノイが監督した短編で14年に映画には出演していたが、本格的なデビューは30年の米ワーナー映画。気品のある紳士役などを繊細に演じて高い評価を得た。32年には“BERKELEY SQUARE”でアカデミー主演賞にノミネート。舞台劇の映画化である「化石の森」ではブロードウェイで共演したボギーを同じ役で出演させる事をプロデューサーに主張。その後ボギーは娘に“レスリー”と名付けるなど、彼とは深い交友が続いたという。38年には「ピグマリオン」を共同で監督して主演。演出の手腕と共に再びアカデミー候補となって高い評価も得た。「風と共に去りぬ」では二人の女性に愛される心優しき紳士アシュレイ役を好演。その後イギリスに戻り第二次大戦に出兵したが、43年リスボンから乗った飛行機が敵の攻撃を受けて墜落、帰らぬ人となった。16年に結婚して生まれた息子、ロナルドは後に俳優となった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第6回(1938年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ