ここから本文です

クリストファー・ミッチャム

生年月日
1943年10月16日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州ロサンジェルス

略歴

父はロバート・ミッチャム。兄、ジェームズも俳優。ペンシルバニア大とアリゾナ大、そしてダブリンのトリニティ大学に学ぶ。69年に父主演の「悪党谷の二人」、「国境のかなたに明日はない」に端役として出演。その後映画のスタッフとして“Bigfoot”というB級ホラーの助監督となったが、監督からは役者としての出演依頼を受ける。翌年「チザム」出演中にジョン・ウェンの目に止まり、ハワード・ホークスに紹介され「リオ・ロボ」への出演が決まる。73年の「サマータイム・キラー」はスペインで大ヒットし、その後の3年間はスペイン映画に出演。以降はタイや台湾などのアジア作品にも出演して、81年には白人として初の台湾アカデミーを受賞した。以降はB級アクションを中心に出演。スクリーン・アクターズ・ギルドの副会長も務めた経験がある。学生結婚をして生れた子供、ベントレーとキャリーはその後役者になった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ