ここから本文です

エリア・カザン

生年月日
1909年9月7日
出身地
トルコ

略歴

本名はElia Kazanjoglou。学校を転々とした後、グループ・シアターに加わって俳優・演出家としてスタート。映画への出演、舞台演出家を経て45年に初の長編映画「ブルックリン横町」を発表。47年には「紳士協定」でアカデミー作品賞・監督賞を受賞し、巨匠の仲間入りを果たした。一流の作家の原作をもとにした「欲望という名の電車」、「波止場」、「エデンの東」などの作品を手掛け、名声を不動のものとした。また、マーロン・ブランド、ジェームス・ディーン、ウォーレン・ベイティなどを見出したのも彼である。しかしこうした映画界への功績も、赤狩りの風が吹き荒れた52年。それまでの姿勢を手のひらを返すように一転させて数人の友人が共産党員であることを暴露し、尚かつ“NYタイムズ”紙に“自分は共産党員ではない!”と、自費広告まで出して物議を醸しだした。そしてその行為は現在に至っても非難の的になり、98年のアカデミー名誉賞受賞の折りにも式場にいた半数の映画関係者が拍手もせずにぶ然とした態度でカザンを睨め付けていたのが印象的だった。76年の「ラスト・タイクーン」で映画界を引退、小説や自伝などに活動の場を移した。62年に前妻と死別。再婚したバーバラ・ローデンとも80年に死別している。03年9月に死亡。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第71回(1999年)
  • 名誉賞
ゴールデン・グローブ 第21回(1963年)
ゴールデン・グローブ 第14回(1956年)
アカデミー賞 第27回(1955年)
カンヌ国際映画祭 第8回(1955年)
ヴェネチア国際映画祭 第15回(1954年)
ヴェネチア国際映画祭 第15回(1954年)
NY批評家協会賞 第20回(1954年)
ゴールデン・グローブ 第12回(1954年)
ベルリン国際映画祭 第3回(1953年)
ヴェネチア国際映画祭 第12回(1951年)
NY批評家協会賞 第17回(1951年)
ヴェネチア国際映画祭 第11回(1950年)
アカデミー賞 第20回(1948年)
NY批評家協会賞 第13回(1947年)
NY批評家協会賞 第13回(1947年)
ゴールデン・グローブ 第5回(1947年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ