ここから本文です

アルフォンソ・キュアロン

生年月日
1961年11月28日
出身地
メキシコ/メキシコシティ

略歴

メキシコ国立自治大学で映画と哲学を専攻し、助監督や撮影を経て1983年に短編「Who's He Anyway(原題)」で監督デビュー。93年にTVシリーズ「堕ちた天使たち」でアメリカに進出、1エピソードを手掛ける。「リトル・プリンセス」(95)でハリウッド・デビューを果たし、LA批評家協会賞ニュー・ジェネレーション賞を受賞。イーサン・ホーク、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト競演の「大いなる遺産」を監督したのち、「天国の口、終りの楽園。」がヴェネチア国際映画祭脚本賞に輝くなど世界中で称賛される。その後「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の監督に抜擢され、作品も成功を収めた。2006年の近未来SF「トゥモロー・ワールド」も高評価を獲得。13年にはサンドラ・ブロックを主演に迎え、孤独な宇宙飛行士の運命を革新的映像で描いた「ゼロ・グラビティ」が大ヒット、賞レースも賑わせ、みごとアカデミー賞監督賞に輝いた。2つの制作会社を経営し、プロデューサー業にも力を入れている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第91回(2018年)
アカデミー賞 第91回(2018年)
アカデミー賞 第91回(2018年)
ヴェネチア国際映画祭 第75回(2018年)
NY批評家協会賞 第84回(2018年)
NY批評家協会賞 第84回(2018年)
LA批評家協会賞 第44回(2018年)
ゴールデン・グローブ 第76回(2018年)
アカデミー賞 第86回(2013年)
アカデミー賞 第86回(2013年)
LA批評家協会賞 第39回(2013年)
LA批評家協会賞 第39回(2013年)
ゴールデン・グローブ 第71回(2013年)
LA批評家協会賞 第28回(2002年)
ヴェネチア国際映画祭 第58回(2001年)
LA批評家協会賞 第21回(1995年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ