ここから本文です

マチュー・カソヴィッツ

生年月日
1967年8月3日
出身地
フランス/パリ

略歴

ニューズウィーク誌から未来を作る7人に選ばれたカソヴィッツは、人種間のロマンスを描いたコメディ『カフェ・オ・レ』(1993)で、監督・脚本・出演を務め、長編デビューを飾った。フランス映画『憎しみ』(1995)で、監督・脚本家として批評家に絶賛される。同作はフランスのアカデミー賞であるセザール賞の脚本賞と編集賞を受賞したほか、1995年カンヌ映画祭監督賞に輝いた。俳優としてはジャン=ピエール・ジュネ監督作『アメリ』(2001)で、オドレイ・トトゥと主演したことで有名。ワーナー・ブラザースのホラーサスペンス『ゴシカ』(2003)では、ハリー・ベリー、ロバート・ダウニー・Jr、ペネロペ・クルスを起用し初の英語映画を監督。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第48回(1995年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ