ここから本文です

エマ・トンプソン

生年月日
1959年4月15日
出身地
イギリス/ロンドン

略歴

父親は舞台演出家エリック・トンプソン。母親フィリーダ・ロウと妹ソフィー・トンプソンは女優。ケンブリッジ大学で英文学を専攻。在学中に女性だけのレビュー“Woman's Hour”を手掛けて注目され、後に結婚するケネス・ブラナー率いるルネッサンス・シアター・カンパニーに参加。TVでも自身の番組を持つなど、人気者になっていく。映画デビューは89年、「彼女がステキな理由(わけ)」。以後、92年に「ハワーズ・エンド」でアカデミー主演女優賞を獲得。翌93年、「日の名残り」と「父の祈りを」でアカデミー主演、助演賞でダブル・ノミネートされるなど演技派としての実力を示した。また、「いつか晴れた日に」ではアカデミー脚色賞を受賞している。ケネス・ブラナーとは95年に離婚。99年、グレッグ・ワイズとの子供を出産。03年に結婚した。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第68回(1995年)
NY批評家協会賞 第61回(1995年)
LA批評家協会賞 第21回(1995年)
ゴールデン・グローブ 第53回(1995年)
アカデミー賞 第65回(1992年)
NY批評家協会賞 第58回(1992年)
LA批評家協会賞 第18回(1992年)
ゴールデン・グローブ 第50回(1992年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ