ここから本文です

チャールズ・ダーニング

生年月日
1923年2月28日
出身地
アメリカ/ニューヨーク州

略歴

朝鮮戦争に従軍して除隊後、NY大学に学び、アメリカン演劇アカデミーで演劇を勉強。しかしボクサーや工員、ダンスのインストラクターに用心棒など、長い下積み生活を経験。62年に地方巡業の舞台に合格し、その後オフ・ブロードウェイに出演しているところをジョセフ・パップに見出され、シェイクスピアや現代劇で次第に注目を集めるようになった。65年に映画デビュー。ようやく70年あたりから出演作も増えて「スティング」や「狼たちの午後」の刑事役で有名になった。77年の「合衆国最後の日」では大統領になり、「テキサス1の赤いバラ」と「メル・ブルックスの大脱走」でアカデミー助演賞候補にもなった。「トッツィー」で女装したダスティン・ホフマンに惚れる中年親父役も忘れがたい。73年に再婚している。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ