ここから本文です

ソフィア・ローレン

生年月日
1934年9月20日
出身地
イタリア

略歴

本名はSofia Villani Scicolone。母妹と共にナポリで貧しい生活を送る。当時から素晴らしいプロポーションだったが50年、“海の女王コンテスト”で12人の中に選ばれ、その賞金で演劇学校に通う。その後残りの賞金でローマに移住。同年「クォ・ヴァディス」で映画デビュー(エキストラ)。しかし依然生活は厳しく、ヌードで映画出演したり、モデルになったりしていた。だが次第に運も味方につき、「ナポリの饗宴」に出演してイタリアで火が着き始め、55年「河の女」の野性的な魅力で世界的にも名前が知られるようになる。そしてそれを見たスタンリー・クレーマーによって57年「誇りと情熱」でハリウッドデビュー。以降、演技面でも実力を発揮して数々の賞を受賞。イタリアを代表する大女優となった。現在でもその美貌は決して失われてはいない。57年、下積みの頃から知り合いであり、良きアドバイザーだったプロデューサーのカルロ・ポンティとメキシコで結婚。しかしローマ・カトリックの布教されていないメキシコでの、既婚者だったカルロの離婚と結婚を教会は許可せず、逆にカルロを重婚罪で告訴、戸籍上は不成立となった。その後長い同棲生活の末、66年パリで結婚成立。イタリアの上告裁判でも重婚罪は却下された。以降二人とイタリアの関係はあまり良くないと言われている。68年に長男、73年に次男を出産している。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第55回(1998年)
  • 功労賞
ベルリン国際映画祭 第44回(1994年)
  • 功労賞
ゴールデン・グローブ 第52回(1994年)
  • セシル・B・デミル賞
アカデミー賞 第63回(1990年)
  • 名誉賞
ゴールデン・グローブ 第34回(1976年)
  • 世界でもっとも好かれた女優
ゴールデン・グローブ 第26回(1968年)
  • 世界でもっとも好かれた女優
ゴールデン・グローブ 第22回(1964年)
  • 助演女優賞
ゴールデン・グローブ 第21回(1963年)
  • 世界でもっとも好かれた女優
アカデミー賞 第34回(1961年)
カンヌ国際映画祭 第14回(1961年)
NY批評家協会賞 第27回(1961年)
ヴェネチア国際映画祭 第19回(1958年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ