ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

スーザン・ヘイワード

生年月日
1917年6月30日
出身地
アメリカ/ニューヨーク市ブルックリン

略歴

本名はEdythe Marrener。モデルを経て幼い頃から興味を抱いていた女優になる。B級アクションに出演しながら映画会社を渡り歩き、50年の「愚かなり我が心」でようやく注目される(アカデミー主演賞ノミネート)。以降はグレゴリー・ペック、チャールトン・ヘストン、ゲイリー・クーパー、クラーク・ゲイブルなど、主要な男性スター陣と共演。ただしその扱いは彼らに華を添えるという感じが否めず、良く言えば“ハリウッドの古典的女優”であった。実際に女優としての実力を発揮したのは58年の「私は死にたくない」で、アカデミー、ゴールデングローブ、NY批評家協会と各主演賞を受賞した。44年、ジェス・バーカーと結婚。双子を出産するも53年調停の後に離婚。57年に再婚した。74年に脳腫瘍の手術を受けたが翌年にこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第31回(1958年)
NY批評家協会賞 第24回(1958年)
ゴールデン・グローブ 第16回(1958年)
カンヌ国際映画祭 第9回(1956年)
ゴールデン・グローブ 第10回(1952年)
ゴールデン・グローブ 第10回(1952年)
  • 世界でもっとも好かれた女優
本文はここま>
でです このページの先頭へ