ここから本文です

アンナ・カリーナ

生年月日
1940年9月22日
出身地
デンマーク/コペンハーゲン

略歴

18歳の時、コペンハーゲンの撮影所で出演した短編がカンヌの賞を取り、そのことが自信となってパリに進出。たまたま町を歩いていた時カメラマンの目に止まり、モデルとして雑誌やCMに出演。その活躍を見たゴダール監督に起用され60年、「小さな兵隊」で本格デビューを飾る。翌年ゴダールと結婚し、以降彼の作品を中心に出演作を重ね、61年の「女は女である」ではベルリン国際映画祭の女優賞を受賞した。その後「ニュー・シネマ・パラダイス」のジャック・ペランと恋仲となって64年にゴダールと離婚。しかし彼の申し入れで以降もゴダール作品に出演した。その後の結婚は3回。70年代から出演作が減ったように見えるが、その殆どが日本未公開作であり、今なお女優活動は続けている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ベルリン国際映画祭 第11回(1961年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ