ここから本文です

ミハイル・バリシニコフ

生年月日
1948年1月28日
出身地
ソ連/ラトビア共和国

略歴

本名はMikhail Nikolaievich Baryshnikov。エンジニアの父の下に生まれる。10代でキーロフ・バレエ団に入団してアレクサンダー・プシュキンを師事。69年にソリストとしてデビューを果たす。翌年、西側諸国での公演旅行で自国の芸術環境に疑問を感じ、74年のカナダ公演で亡命。同年アメリカン・バレエ・シアターに招かれ、持ち前の肉体美と驚異的なテクニックですぐさまトップ・スターとして活躍を始める。78年から一年間、ニューヨーク・シティ・バレエ・カンパニーの芸術監督に就任した。映画へは77年の「愛と喝采の日々」でデビュー。自身の体験を基にしたような85年の「ホワイトナイツ/白夜」でもグレゴリー・ハインズと共に素晴らしいダンスを披露していた。一時ジェシカ・ラングと恋仲になり、二人の間には一児がある。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ