ここから本文です

アンジェリカ・ヒューストン

生年月日
1951年7月8日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州サンタモニカ

略歴

祖父は名優ウォルター・ヒューストン、父は巨匠ジョン・ヒューストン監督。父の「アフリカの女王」撮影中に生まれ、アイルランドで育つ。1961年の「荒馬と女」の撮影直後に両親が離婚し母と共にロンドンへ移住。69年、本人が嫌がる中、無理やり父が出演させた「愛と死の果てるまで」で映画デビュー。翌年母の死をきっかけにNYに渡り、モデルとして活動し始める。その後本格的に演技を学び幾つかの作品で実力を付ける。85年、父が監督の「女と男の名誉」でアカデミー助演賞などを受賞。以降、シリアス・ドラマから詐欺師、魔女、お化け一家の母など、さまざまな役柄を演じられる女優となった。ジャック・ニコルソンとは73年から17年にも及ぶの関係だったが破局。92年に彫刻家と結婚した。兄トニーと弟のダニーもそれぞれ脚本家、俳優として活躍している。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
LA批評家協会賞 第16回(1990年)
  • 女優賞

  • ジム・ヘンソンのウィッチズ
LA批評家協会賞 第16回(1990年)
アカデミー賞 第58回(1985年)
NY批評家協会賞 第51回(1985年)
LA批評家協会賞 第11回(1985年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ