ここから本文です

ジェラール・ドパルデュー

生年月日
1948年12月27日
出身地
フランス/シャトール

略歴

父は板金工。6人兄弟の3番目で、12歳でグレてその後刑務所入り。そこで医師の勧めにより16歳の時からパリの国立民衆劇場で演技を勉強。60年代末からTVや舞台の端役を得る。映画デビューは65年の“Beatnik et le minet”。「バルスーズ」で注目され、74年でジェラール・フィリップ賞を受賞し、82年「ダントン」でアメリカ評論家協会、主演男優賞を受賞。その他、多数の賞を受賞し活躍、88年にはレジョン・ドヌール勲章を受賞。大柄だが繊細な演技にも定評があり、ジャン・ギャバンの後継者として名高い。国立民衆劇場時代のクラスメイトだったエリザベート・ドパルデューと70年に結婚。ふたりの子供が生まれたが96年に離婚。翌年にキャロル・ブーケと再婚した。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第54回(1997年)
  • 金獅子賞・特別功労賞
カンヌ国際映画祭 第43回(1990年)
ゴールデン・グローブ 第48回(1990年)
ヴェネチア国際映画祭 第42回(1985年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ