ここから本文です

エマニュエル・ベアール

生年月日
1965年8月14日
出身地
フランス/サントロペ

略歴

ミュージシャンの父と、モデルの母の下に生まれる。生後まもなくしてモデルを経験。15歳の時、語学留学のために渡っていたカナダでロバート・アルトマン監督に演技の道を奨められ、女優を目指すようになる。82年の帰国後、演技学校に通い、やがてTVに出演して注目を集める。86年、「愛と宿命の泉 PARTⅡ/泉のマノン」でセザール助演女優賞を受賞し脚光を浴びる。以後は演技派人気女優として活躍を続ける一方、舞台でも評価を得ている。また人権保護活動にも熱心で、デモに参加し逮捕された経験もある。92年、「優しく愛して」で共演したダニエル・オートゥイユとの間に一児をもうけている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ベルリン国際映画祭 第52回(2002年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ