ここから本文です

オマー・シャリフ

生年月日
1932年4月10日
出身地
エジプト/アレキサンドリア

略歴

本名はMichel Shalhoub。材木商の家庭に生れ、4歳でカイロに移住。ビクトリア大学では学生演劇会の委員長などを務めた。卒業後は父の仕事の手伝いなどをしていたが、23歳の時に渡英して王立演劇アカデミーの聴講生となり、帰国後の55年にエジプト映画でデビュー。同年にはエジプトのトップ女優と結婚して20本以上の作品に出演。次第にその名は世界的にも知られるようになった。やがて製作者のサム・スピーゲルに呼ばれて62年「アラビアのロレンス」のベドティン族長に扮して国際デビュー。アカデミー助演賞候補にもなり一躍有名になる。その後は「ドクトル・ジバゴ」、「ファニー・ガール」、「うたかたの恋」と代表作が続いた。私生活ではドヌーブなどと噂になり、66年に離婚。77年には別の女性と再婚した。またブリッジの名手としても有名で、その腕前は世界選手権に出場するほどのものだとか。03年には「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」でセザール賞の主演男優賞に輝くなど、近年でも活躍していたが、アルツハイマーを発症して療養中の15年、心臓発作によってこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ゴールデン・グローブ 第23回(1965年)
ゴールデン・グローブ 第20回(1962年)
ゴールデン・グローブ 第20回(1962年)
  • 有望若手男優賞
本文はここま>
でです このページの先頭へ