ここから本文です

シャーロット・ランプリング

生年月日
1946年2月5日
出身地
イギリス

略歴

父は軍人でオリンピックのメダリスト。母は画家。父の仕事上NATO軍基地を転々として育つ。高校卒業後ハーロー工業大学で秘書課程をおさめ、ロンドンで秘書をしていた時期もあった。やがてモデルとしてスカウトされ活躍していた時に、リチャード・レスター監督に見出され65年「ナック」で映画デビュー。その後ロンドンのロイヤル・コート・シアターで演技を学び、堪能な語学力を活かしてイタリアへ。69年の「地獄に堕ちた勇者ども」や73年の「愛の嵐」などで退廃的な魅力を発揮して注目を集めた。以降はフランスやアメリカの作品にも出演作を重ねて国際的に活躍。82年の「評決」での神秘的な魅力も印象的だった。78年にモーリス・ジャールの息子で世界的シンセサイザー奏者、ジャン=ミシェル・ジャールと結婚。3人の子供にも恵まれたが96年に離婚に至っている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第74回(2017年)
ベルリン国際映画祭 第65回(2015年)
LA批評家協会賞 第41回(2015年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ