ここから本文です

エレン・バースティン

生年月日
1932年12月7日
出身地
アメリカ/ミシガン州デトロイト

略歴

本名はEdna Rae Gilloy。18歳でモデルとして活躍後、モントリオールでダンサーをして働き、NYに渡って、いくつかのTVドラマで端役に着く。アクターズ・スタジオで学んだ後にブロードウェイに進出し、64年、エレン・マクレーの名で「踊れ!サーフィン」にて映画デビュー。70年あたりからエレン・バースティンに改名し、71年に「ラスト・ショー」でアカデミー助演賞に(NY批評家協会賞は受賞)、73年には「エクソシスト」でアカデミー主演賞にノミネートされ、74年の「アリスの恋」でオスカーを獲得。同年には舞台でトミー賞も受け、その実力を証明した。82年のリー・ストラスバーグの死後、アクターズ・スタジオの共同ディレクターに就任して忙しい毎日を送っている。86年から1年に渡り、“エレン・バースティン・ショー”という彼女主演のコメディ番組も制作された。00年にはダーレン・アロノフスキー監督のスリラー「レクイエム・フォー・ドリーム」に出演、依存症の末に廃人と化していく老女役で迫真の演技を披露、20年ぶりにオスカーにノミネートされるなど注目を集めた。3度の離婚歴あり。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ゴールデン・グローブ 第36回(1978年)
  • 女優賞(コメディ/ミュージカル)

  • セイム・タイム、ネクスト・イヤー
アカデミー賞 第47回(1975年)
NY批評家協会賞 第37回(1971年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ