ここから本文です

ジェームズ・アール・ジョーンズ

生年月日
1931年1月17日
出身地
アメリカ/ミシシッピー州アーカバトラ

略歴

本名はTodd Jones。父、ロバート・アール・ジョーンズは彼が生れる前に家出。その後母も蒸発して祖父母に育てられる。幼い頃は吃音がひどく、筆談で会話をするほどだったがそれを克服。高校卒業後、奨学金を得てミシガン州立大学で演劇を専攻。21歳でNYに渡りリー・ストラスバーグに師事。やがてオフからブロードウェイに進出して活躍。61年の『黒人たち』は3年間のロング・ランとなって演劇界にその名が知られるようになった。オビー賞を2度受賞するなどした後、64年の「博士の異常な愛情」で映画デビュー。70年の「ボクサー」はブロードウェイの舞台化で、同じ役を演じてトニー賞に輝き、映画ではアカデミー主演賞候補にも挙がった。その後「スター・ウォーズ」でダース・ベイダーの声を担当。以降はその深みのある声と大きな身体を活かして「フィールド・オブ・ドリームス」や「レッド・オクトーバーを追え!」以降の“ジャック・ライアン”シリーズなど、多くの作品で威厳ある役柄を好演し続けている。82年に舞台女優と再婚した。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第83回(2010年)
  • 名誉賞
ゴールデン・グローブ 第28回(1970年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ