ここから本文です

アヌーク・エーメ

生年月日
1932年4月27日
出身地
フランス/パリ

略歴

両親共に俳優の家に生れる。14歳の頃からダンスを習い、ルネ・シモンの演劇講座に通うなどする。そこでアンリ・カレフ監督に見出され、46年の「密会」で映画デビュー。その後彼女と仕事をした脚本家のジャック・プレヴェール(但しその作品は制作中止になった)が彼女のために現代版“ロミオとジュリエット”、49年の「火の接吻」を書き上げ、主演したアヌークはその美しさから注目を受けることになる。以降、58年の「モンパルナスの灯」を経て「甘い生活」、「81/2」とフェリーニの下、マストロヤンニと共演。そして66年、日本でも大ヒットした「男と女」に出演。アカデミー主演賞にノミネートされ、その人気を決定的なものにする。70年の結婚を期に一線は退くが、76年の「愛よもう一度」で復帰。80年には「SALTO NEL VUOTO(A LEAP INTO THE VOID)」でカンヌの主演賞を受賞。94年の「プレタポルテ」では今だ衰えぬ美しさを披露してくれた。結婚は「男と女」の共演者、ピエール・バルーやアルバート・フィリーなどと計5回。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第33回(1980年)
  • 女優賞

  • SALTO NEL VUOTO(A LEAP INTO THE VOID)
ゴールデン・グローブ 第24回(1966年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ