ここから本文です

ジェーン・フォンダ

生年月日
1937年12月21日
出身地
アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク市

略歴

本名はJane Seymour Fonda。父は名優の故ヘンリー・フォンダ。弟はピーター・フォンダ。12歳の時母がヘンリーの浮気を苦にして自殺。しかしその3ヵ月後に後妻を迎えた父に反発し、以降その関係は時代を追うごとに悪化の一途を辿っていく。ヴェッサー女子大へ入学し、画家を目指してパリへ留学。帰国後次第に女優を志すようになり、59年、モデルとして「ヴォーグ」誌のカバー・ガールなどをしながらアクターズ・スタジオで演技を学ぶ。60年「のっぽ物語」の端役で映画デビュー。しかし父の影を嫌い64年、「危険がいっぱい」の出演を期にフランスに渡る。この時共演したドロンの紹介でロジェ・ヴァディム監督と知り合い65年結婚。68年には一女を出産し「バーバレラ」など、セクシー路線への転向にも成功した。だが時代はベトナム戦争混迷期に差し掛かり、彼女も次第に政治活動に身を投じるようになって70年にヴァディムと別居。アメリカに帰国してハノイに乗り込み記録写真を発表したり、ドナルド・サザーランドと共に反戦劇団を結成したりしてニクソン大統領のブラック・リストの載るなど、反戦、反体制、ウーマン・リブの闘士として活躍。この頃からの出演作は彼女の心情が色濃く反映された作品が多く、69年の「ひとりぼっちの青春」のアカデミー主演賞ノミネートに続き、71年には「コールガール」でオスカーを受賞している。73年、ヴァディムと正式離婚後、学生運動の元リーダーで“シカゴ・セブン”の指導者、トム・ヘイドンと結婚。以降は夫のバック・アップと映画出演を両立させ、78年には「帰郷」で2度目のオスカーを受賞。同年、それまで不仲だった父との関係修復を図るべく「黄昏」で父と共演。舞台裏では作品同様、父娘の葛藤があったと言われている。90年ヘイドン氏と離婚。その後ワーク・アウト・スタジオを設立し、発売したビデオは大ヒットとなった。91年にはメディア王、テッド・ターナーと結婚して話題を呼んだが、00年に別居を経て01年離婚して引退宣言した。05年、ジェニファー・ロペスとの共演作「Monster-in-Law」で久々にスクリーンにカムバック、女優業への本格復帰にハリウッドの期待が高まっている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ゴールデン・グローブ 第37回(1979年)
  • 世界でもっとも好かれた女優
アカデミー賞 第51回(1978年)
LA批評家協会賞 第4回(1978年)
LA批評家協会賞 第4回(1978年)
  • 女優賞

  • カムズ・ア・ホースマン
LA批評家協会賞 第4回(1978年)
ゴールデン・グローブ 第36回(1978年)
ゴールデン・グローブ 第36回(1978年)
  • 世界でもっとも好かれた女優
ゴールデン・グローブ 第35回(1977年)
ゴールデン・グローブ 第30回(1972年)
  • 世界でもっとも好かれた女優
アカデミー賞 第44回(1971年)
NY批評家協会賞 第37回(1971年)
ゴールデン・グローブ 第29回(1971年)
NY批評家協会賞 第35回(1969年)
ゴールデン・グローブ 第19回(1961年)
  • 有望若手女優賞
本文はここま>
でです このページの先頭へ