ここから本文です

デヴィッド・ニーヴン

生年月日
1910年3月1日
出身地
イギリス/ロンドン

略歴

本名はJames David Graham Niven。士官学校に入学して陸軍に入隊。マルタ島に進駐していたが、その任務に耐えきれず除隊。やがて上官だった元大佐の手助けでカナダを経てNYに渡り様々な職に就く。その後俳優を目指すようになりLAへ。エキストラを経てエドマンド・グールディング監督と知り合い、彼がサミュエル・ゴールドウィンに紹介してくれたおかげで35年「生活への道」で本格デビューとなった。以降ゴールドウィンの作品に出演を続けるが演技の勉強をしていなかったために伸び悩む。第二次大戦中は英国陸軍の大佐として従軍。46年に除隊してアメリカに戻った。50年あたりから持ち前の気品とユーモアを醸し出したキャラクターで、代表作となった「80日間世界一周」や「ナバロンの要塞」、「ピンクの豹」や「007/カジノ・ロワイヤル」などで好演して人気を確立。58年の「旅路」ではアカデミーを始め主要主演賞を獲得した。一方52年にはディック・パウエルやシャルル・ボアイエら共に製作会社を設立してTV制作も手掛ける他、作家としての才能も発揮して自叙伝はベストセラーにもなった。結婚は2回で息子はプロデューサーとなっている。83年、ルー・ゲーリック病によってこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第31回(1958年)
NY批評家協会賞 第24回(1958年)
ゴールデン・グローブ 第16回(1958年)
ゴールデン・グローブ 第11回(1953年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ