ここから本文です

イングリッド・バーグマン

生年月日
1915年8月29日
出身地
スウェーデン/ストックホルム

略歴

母親を2歳の時、父親を12歳の時に亡くし、叔父のもとで育てられる。幼い時から演技に興味を持ち、ストックホルムの王立演技学校にて演技を勉強。34年、「ムンクブローの伯爵」にて映画デビュー。39年に、彼女の主演作「間奏曲」のリメイク作品「別離」の主演によばれて渡米。以後、42年「カサブランカ」にて人気を確実にする。44年、「ガス燈」ではアカデミー主演女優賞を受賞。名実共にハリウッドを代表する女優になる。しかし50年、新しい演技への道を模索していた彼女は、当時、“ネオ・リアリズモ”の筆頭格にあったロッセリーニ監督の元に、スキャンダル報道の中、家庭を捨てて渡り、ハリウッドから事実上の追放を受ける(彼宛に送った熱烈な内容の手紙は有名)。その後の風当たりの強さにもくじけず、確たる演技にて57年「追想」にて再びアカデミー主演女優賞を受賞。以後も活躍を続け74年「オリエント急行殺人事件」にはアカデミー助演女優賞を受賞した。女優のイザベラ・ロッセリーニは娘。82年、67歳の誕生日にガンの為この世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
NY批評家協会賞 第44回(1978年)
アカデミー賞 第47回(1975年)
アカデミー賞 第29回(1957年)
NY批評家協会賞 第22回(1956年)
ゴールデン・グローブ 第14回(1956年)
アカデミー賞 第17回(1945年)
NY批評家協会賞 第11回(1945年)
NY批評家協会賞 第11回(1945年)
ゴールデン・グローブ 第3回(1945年)
ゴールデン・グローブ 第2回(1944年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ