ここから本文です

ライアン・オニール

生年月日
1941年4月20日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州ロサンジェルス

略歴

本名はPatrick Ryan O'Neal 。脚本家のチャールズ・オニールの息子。幼少時代は中米やヨーロッパで過ごすが、ひとり帰国して52年に兵学校を卒業。その後両親のいる西ドイツへ戻りミュンヘンのTVシリーズにスタントマン兼端役で出演してこの世界に入る。一家で帰国後幾つかのTVシリーズに出演。64年にスタートしたTVシリーズ「ペイトン・プレイス物語」で主演のひとりを演じて人気者となった。しかしこの時共演したバーバラ・パーキンスと恋仲となり63年に結婚したジョアンナ・ムーア(テイタムの母)と離婚。また、同じく共演者だったリー・テイラー=ヤングと67年に再婚するなど、私生活で話題を振りまいた。70年の「ある愛の詩」で一躍スターとなったが、二枚目の風貌とは裏腹に数々のトラブルを起こしている事でも有名となった。80年からはファラ・フォーセットと17年に渡って同棲して一児をもうけたが破局。01年に慢性白血病であることを告白している。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ