ここから本文です

シェリー・ウィンタース

生年月日
1920年8月18日
出身地
アメリカ/イリノイ州イースト・セントルイス

略歴

本名はShirley Schrift。10歳の時に一家でロング・アイランドを経てブルックリンに移住。高校時代に演劇部に所属し卒業前からはモデルとして活躍。その後ウェイン大学を卒業して41年にブロードウェイ・デビュー。翌年にプロデューサーのハリー・コーンに認められ43年「風を起す女」で映画デビューする。その後演劇学校で本格的に演技を学び、47年にユニヴァーサルと7年契約して「二重生活」に出演。50年の「ウィンチェスター銃'73」で注目され、「陽のあたる場所」でアカデミー主演賞候補になった。以降は恰幅のいいお母さん役として「重役室」、「狩人の夜」で実力を発揮。「アンネの日記」ではアカデミー助演賞に輝いた。以後も演技力は衰えず、65年には「いつか見た青い空」で2度目の助演賞を受賞。TVでもエミー賞を受賞した。3度目の助演賞候補になった「ポセイドン・アドベンチャー」では得意の水泳も披露していた(スイミング・スクールのコーチはあのジョニー・ワイズミュラーだった)。ヴィットリオ・ガスマンと北欧旅行中に知り合い52年に再婚したが54年に離婚。その後ブロードウェイで知り合ったアンソニー・フランシオサと57年に結婚したが60年に離婚。06年、心不全のため、この世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ゴールデン・グローブ 第30回(1972年)
アカデミー賞 第38回(1966年)
アカデミー賞 第32回(1960年)
ヴェネチア国際映画祭 第15回(1954年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ