ここから本文です

イレーネ・パパス

生年月日
1928年9月3日
出身地
ギリシャ/コリント

略歴

本名はIrene Lelekou。本人以外の一家全員は大学教授。12歳で王立演劇学校に通い、17歳で舞台に立つように。51年に舞台演出家のアルキス・パパスと離婚後、同年映画デビュー。61年「ナバロンの要塞」で男勝りのレジスタントを演じて一躍有名になる。その後も「その男ゾルバ」や「1000日のアン」と国際スターとして活躍。その一方では61年の「エレクトラ」以降、「トロイアの女」、「イフゲニア」とマイケル・カコヤニス監督のエウリピデス三部作に出演し、ギリシャ悲劇にはなくてはならない存在になった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ