ここから本文です

クルト・ユルゲンス

生年月日
1915年12月13日
出身地
ドイツ/ミュンヘン

略歴

本名はCurd Juergens。ベルリンの高校を卒業後、新聞社に勤めるが、やがて俳優を目指すように。35年には「ワルツの季節」で映画デビュー。翌年には舞台デビューもして有名な劇場を渡り歩く。戦時中はゲッペルスによって政治的信頼がないとして投獄されたという経験もある。戦後は一時新聞記者に戻るが、47年に復帰。55年には「悪の決算」などでヴェネチア国際映画祭で男優賞を受賞。以降は「眼下の敵」のストルバーグ艦長役や「史上最大の作戦」のブルメントリット少将など、ナチの上官役として有名になった。晩年は「007/私を愛したスパイ」の悪役で異彩を放っていた。結婚はエヴァ・バートックなどと5回。82年、心臓発作で死亡した。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第16回(1955年)
ヴェネチア国際映画祭 第16回(1955年)
  • 男優賞

  • DES TEUFELS GENERAL(THE DEVIL'S GENERAL)
本文はここま>
でです このページの先頭へ