ここから本文です

ロバート・ヴォーン

生年月日
1932年11月22日
出身地
アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク

略歴

本名はRobert Francis Vaughn。父はラジオで活躍した俳優で母は舞台女優だった。ミネソタ大学でジャーナリズムを専攻するが、やはり両親の血を引いたのか次第に演劇に興味を示すようになり学生劇に参加。51年にはラジオドラマで演技賞を受賞してLA州立大の演劇科に移った。56年に卒業して同年映画デビュー。59年には「都会のジャングル」でアカデミー助演賞候補となる。翌年「荒野の七人」に出演後、64年スタートのTVシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」に主演して人気も獲得。同シリーズを再編集した劇場版は計8本作られ83年には新作も製作された。以降もTVと映画で多数作品に出演。77年の「権力と陰謀・大統領の密室」でエミー賞を受賞。50年代に吹き荒れたいわゆる“赤狩り”の研究者としても有名で著書もあるという。16年11月に急性白血病でこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ