ここから本文です

アーサー・ペン

生年月日
1922年9月27日
出身地
アメリカ/ペンシルヴェニア州フィラデルフィア

略歴

第二次世界大戦末期に従軍したときに部隊内で劇団を組織、除隊後にイタリアへ留学して演劇を学ぶ。帰国後はNBCテレビに入社しテレビ番組を手掛けた後、57年に「左きゝの拳銃」で劇映画の監督デビューを果たす。67年の「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」がヒット、アメリカン・ニューシネマの父と呼ばれた。「逃亡地帯」、「小さな巨人」、「ミズリー・ブレイク」など異色作が多い。映画の一方で、舞台演出でも活躍、数々の賞を受けた。兄は写真家のアーヴィング・ペン。息子のマシュー・ペンはテレビドラマの監督として、父の跡を追っている。10年9月に心不全でこの世を去った。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ベルリン国際映画祭 第57回(2007年)
  • 金熊名誉賞
LA批評家協会賞 第28回(2002年)
  • 生涯功労賞
本文はここま>
でです このページの先頭へ