ここから本文です

アルバート・デッカー

生年月日
1905年12月20日
出身地
アメリカ/ニューヨーク市ブルックリン

略歴

精神分析の医師か心理学者を目指して大学に進むが、学生劇に出演したことがきっかけとなって演劇の道を歩くように。プロとしてデビュー後は性格俳優として大活躍。37年からは映画にも出演し出し、主に悪役でその名を知られるようになる。政治にも関心を持ち、44年カリフォルニア州の下院議員に当選。弱者の女性の権利確立に熱心だったという。しかし死刑に対する法案を否決され、政治に嫌気が差して46年、俳優に復帰。「紳士協定」、「エデンの東」、「キッスで殺せ!」、「去年の夏突然に」と代表作に出演した。が、あのマッカーシー上院議員を公然と非難したため“アカ狩り”のブラック・リストの載り、ブロードウェイとハリウッドでは仕事が出来ず、講演活動を主にしていたという。多くの奇怪な噂もあったがその最たるものは68年、「ワイルドバンチ」撮影後に自宅において変死体で見つかった時であろう。浴室で全裸のままひざまずき、両腕には注射針を刺して首と腹を縛った状態で死亡しているところを発見され、警察発表は事故死とされているが多くの謎を残している。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ