ここから本文です

チューズデイ・ウェルド

生年月日
1943年8月27日
出身地
アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク

略歴

本名はSusan Ker Weld。2歳の時からCMのモデルを始め、11歳でプロ・モデルとして活躍。13歳で映画デビューし、15の時は既にセックス・シンボル的な存在に。「シンシナティ・キッド」でも妖艶な魅力を振り撒いていた。しかし67年の「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」の出演を断った以降、出演依頼がパッタリと止まってしまったという。復帰した77年の「ミスター・グッドバーを探して」でアカデミー助演賞にノミネート。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」では、主人公たちに手を貸す銀行員役で印象的なシーンを熱演していた。結婚は3回で、2番目の夫はミュージシャンをしていた頃のダドリー・ムーア。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ゴールデン・グローブ 第17回(1959年)
  • 有望若手女優賞
本文はここま>
でです このページの先頭へ