ここから本文です

サミュエル・L・ジャクソン

生年月日
1948年12月21日
出身地
アメリカ/ワシントンDC

略歴

本名はSamuel Leroy Jackson。アトランタのモアハウス・カレッジで演劇を専攻。76年、NYに移り映画の端役やCMに出演。ニグロ・アンサンブル・カンパニーなど、多くの舞台で経験を積む。81年「ラグタイム」で映画デビュー。88年の「スクール・デイズ」以降、スパイク・リー作品の常連となり、91年、「ジャングル・フィーバー」でカンヌ映画祭助演賞を受賞。「ジュラシック・パーク」を経て94年、「パルプ・フィクション」で一気に注目され、「ダイ・ハード3」でその地位を確立させた。その後も「評決のとき」、「ジャッキー・ブラウン」と話題作にも出演。「交渉人」ではケヴィン・スペイシーを相手に堂々たる演技で実力も付けてきた。「黒いジャガー」のリメイク、「シャフト」でフット・ワークも軽やかにのびのびとした演技が印象に残る。80年、女優のラターニャ・リチャードソンと結婚。一女をもうける。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ベルリン国際映画祭 第48回(1998年)
カンヌ国際映画祭 第44回(1991年)
NY批評家協会賞 第57回(1991年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ