ここから本文です

ジーン・アーサー

生年月日
1900年10月17日
出身地
アメリカ/ニューヨーク州プラッツバーグ

略歴

本名はGladys Georgianna Greene。小学生の頃から写真のモデルをしていたが、20世紀フォックスのスカウトマンに見出され、23年に「侠骨カービー」でデビュー。28年には「野球王」で主役など、多数の作品に出演するが、演技の未熟さを悟り、31年にNYに戻って2年間舞台経験を積む。34年コロンビアと契約。以降「オペラハット」、「歴史は夜作られる」、「我が家の楽園」、「スミス都へ行く」と、演技力と同時に人気も順調に得て活躍。しかし“映画スター”と呼ばれる事を否定し続け、あくまでも“女優”であることにこだわった彼女は以降映画界からその道を舞台に見出し、50年にはブロードウェイで「ピーター・パン」の舞台を踏んで大成功を収めていく。53年、「シェーン」でスクリーン復帰して演技にも貫禄を見せていたが、結局これが最後の映画となり、TVや舞台にその活路を託したがこれもうまくいかず、映画復帰の噂もあったが実現しないまま、91年、心臓発作でこの世を去った。32年、プロデューサーのフランク・ロスと再婚したが49年に離婚している。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ