ここから本文です

ブラッド・ピット

生年月日
1963年12月18日
出身地
アメリカ/オクラホマ州

略歴

本名はWilliam Bradley Pitt。大学を中退してロサンゼルスへ渡り、アート・スクールでグラフィック・デザインを勉強。その後、役者志願へと転向し、映画やTVドラマに端役出演。1988年の「リック」で映画初主演を果たす。91年、「バックドラフト」出演のため降板したウィリアム・ボールドウィンの代役で出演した「テルマ&ルイーズ」で注目を集めるが、その本領を発揮したのは92年の「リバー・ランズ・スルー・イット」あたりから。そして「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」や「セブン」のヒットで人気を不動のものに。女性ファンが多く、“今、もっともセクシーな男優”としてアイドル的に扱われることが多いが、オスカー初ノミネートとなった「12モンキーズ」での汚れ役など様々なキャラクターに意欲的に挑戦し、その演技力も確か。「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「マネーボール」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。2002年には、女優ジェニファー・アニストン、パラマウントCEOのブラッド・グレイと共に製作会社“Plan B Entertainment”を立ち上げ、「ディパーテッド」や「食べて、祈って、恋をして」などを手掛けている。私生活では、「セブン」で共演したグウィネス・パルトローとの交際が話題になったが破局。その後ジェニファー・アニストンとの交際の末、2000年に結婚したが、05年に別居を経て離婚に至る。相前後して「Mr.&Mrs. スミス」で共演したアンジェリーナ・ジョリーとの交際がスタート。06年にはアンジェリーナがピットの子どもを妊娠したことが明らかとなり、5月には2人にとって最初の実子となる女の子が誕生するなどして12年に婚約。2年後の14年に正式な夫婦となるも、その2年後の16年に離婚協議が開始されている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
NY批評家協会賞 第77回(2011年)
ヴェネチア国際映画祭 第64回(2007年)
ゴールデン・グローブ 第53回(1995年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ