ここから本文です

リー・ストラスバーグ

生年月日
1901年11月17日
出身地
オーストリア=ハンガリー(現ウクライナ)

略歴

様々な俳優のバイオグラフィに幾度となくその名前が登場する、演技指導者の代表的人物。本名はIsrael Lee Strassberg。9歳の時にアメリカに渡る。アメリカン・ラボラトリー・シアターでロシアの有名な演技論者、コンスタンチン・スタニスラフスキーのメソッド演技法を学び、25歳の時に初舞台を踏む。1930年にはステラ・アドラーらと共にグループ・シアターを創設。多くの戯曲を演出して高い評価を得た。49年にアクターズ・スタジオの芸術監督に就任。62年にはエリア・カザンの後任として最高責任者となった。その間多くの俳優たちを指導。名だたる役者たちが彼に師事した。また、マリリン・モンローが人気絶頂期にも関わらず、それまでのイメージを払拭しようと彼の下で学んだ事は有名。69年にはロサンゼルスとニューヨークにリー・ストラスバーグ・インスチュートも設立。その後も多くの舞台を演出した。門下生だったアル・パチーノの頼みで「ゴッドファーザーPARTⅡ」に出演。ユダヤ系ギャングのボスを演じてアカデミー助演賞候補になった。「カサンドラ・クロス」の老人役も忘れがたいが、出演作は数えるほど。グループ・シアター時代に知り合ったポーラと結婚し、娘のスーザンも生まれたがその後死別した。82年に死亡。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第37回(1980年)
  • イタリア批評家賞(男優)

  • お達者コメディ/シルバー・ギャング
本文はここま>
でです このページの先頭へ