ここから本文です

エットレ・スコーラ

生年月日
1931年5月10日
出身地
イタリア/トレヴィーコ

略歴

ローマの大学で法律を学び、ジャーナリストとして『マルコ・アウレリオ』誌に記事を書きつつ、ラジオ台本を手掛ける。47年から52年にかけて、喜劇役者のトトが主演する映画のシナリオを、クレジットなしで執筆。52年より脚本家として映画界に入り、マリオ・マットーリなどの喜劇映画監督と組んでシナリオを書きつづけた。64年の「もしお許し願えれば女について話しましょう」で監督デビューを果たす。ネオレアリズモとイタリア喜劇の流れに、社会性を盛り込む作風が特徴。他に「ジェラシー」「特別な一日」「ル・バル」「マカロニ」などがある。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ベルリン国際映画祭 第34回(1984年)
カンヌ国際映画祭 第34回(1981年)
カンヌ国際映画祭 第33回(1980年)
  • 脚本賞

  • LA TERRAZZA
カンヌ国際映画祭 第29回(1976年)
  • 監督賞

  • 醜い奴、汚い奴、悪い奴
本文はここま>
でです このページの先頭へ