ここから本文です

ナオミ・ワッツ

生年月日
1968年9月28日
出身地
イギリス/ショアハム

略歴

ピンク・フロイドのサウンド・エンジニアを務めていたという父は、彼女が10歳の時に他界。イギリスに生まれるが、14歳でオーストラリアに移住、以後オーストラリアで演技のキャリアをスタートさせる。シドニーの演劇学校に学んだのち、86年「For Love Alone」で映画デビュー。やがて活動の拠点をハリウッドへ移した彼女は95年、「タンク・ガール」で準主役を演じ注目を集めるが、その後はヒット作に恵まれず世界的な名声を得るまでには至らなかった。しかし01年、デヴィッド・リンチ監督の「マルホランド・ドライブ」で主役に抜擢されると、その演技が各方面から高い評価を受け、全米批評家協会賞主演女優賞をはじめ多くの演技賞を獲得、一躍ハリウッド注目の女優となる。02年には、和製ホラー「リング」のハリウッド・リメイク作品「ザ・リング」でヒロインを演じ、映画の世界的ヒットとともにその人気を不動のものとした。03年に主演した「21グラム」で再び批評家の絶賛を浴び、様々な映画賞を獲得、その年のアカデミー賞でも初のノミネートを受け、名実ともにハリウッド・トップ女優の仲間入りを果たした。オーストラリア時代にCM出演がきっかけで知り合ったニコール・キッドマンとは、以後親友の関係に。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
LA批評家協会賞 第29回(2003年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ