ここから本文です

ガエル・ガルシア・ベルナル

生年月日
1978年11月30日
出身地
メキシコ

略歴

1978年、メキシコに生まれる。両親が共に舞台の仕事をしていたことからわずか7歳で舞台デビューを果たす。その後ロンドンへ留学し本格的に演技の勉強をする。いくつかのTVドラマや短編映画に出演後、99年、ガエル20歳の時、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のデビュー作「アモーレス・ペロス」で自身も記念すべき長編映画デビューを果たす。本作はカンヌをはじめ世界各地の映画賞を席巻、アカデミー賞の外国語映画賞にもノミネートされるなど批評家筋の高い評価を受け、ガエルの繊細で瑞々しい演技も絶賛されると同時に、その甘いマスクが女性映画ファンのハートを掴み、一躍メキシコを代表する若手映画スターとして大きな注目を集めるようになる。01年にはアルフォンソ・キュアロン監督の青春ロード・ムービー「天国の口、終りの楽園。」に出演、再び素晴らしい演技を披露してヴェネチア国際映画祭において共演のディエゴ・ルナとともにマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)を獲得、その世界的評価を決定的なもとする。その後は「ブエノスアイレスの夜」「ウェルカム!ヘヴン」などメキシコ映画以外にも出演する一方、02年に主演したメキシコ映画「アマロ神父の罪」はそのスキャンダラスなテーマとも相まって本国メキシコで大ヒットを記録するなど順調にキャリアを重ねていく。03年には若きチェ・ゲバラを描いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」でブラジルのウォルター・サレス監督が、翌04年にはカンヌのオープニングを飾った「バッド・エデュケーション」でスペインのペドロ・アルモドバル監督が、それぞれガエルを主役に起用、みごとその期待に応える名演を披露する。世界的名匠、巨匠監督からもその実力を高く評価される確かな実力と圧倒的な人気を兼ね備え、スーパースターへの道を着実に歩む注目のラテン系若手俳優。母国語のスペイン語ばかりでなく、英語、イタリア語、フランス語も話せるという。一時、ナタリー・ポートマンとの交際が報じられた。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第58回(2001年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ