ここから本文です

ジョセフ・ロージー

生年月日
1909年1月14日
出身地
アメリカ/ウィスコンシン州

略歴

学生時代から演劇に傾倒、記録映画、ラジオドラマなどを経て、43年にMGMと監督の契約を結ぶ。が、第二次大戦のためチャンスを失い、48年にRKOの「緑色の髪の少年」で長編劇映画の監督デビューを果たした。53年の「拳銃を売る男」の完成後、赤狩りにひっかかり英国へ亡命。その後、アナーキーな視点で「召使」、「銃殺」などを発表。その後はハリウッドへは戻ることなく、異色作を発表しつづけた。他の代表作は「唇からナイフ」、「人形の家」、「暗殺者のメロディ」などがある。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第24回(1971年)
  • パルム・ドール

カンヌ国際映画祭 第24回(1971年)
  • 国際エヴァンジェリ映画委員会賞

カンヌ国際映画祭 第20回(1967年)
カンヌ国際映画祭 第20回(1967年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ