ここから本文です

ジョン・ミリアス

生年月日
1944年4月11日
出身地
アメリカ/ミズーリ州セントルイス

略歴

本名はJohn Frederick Milius。高校時代はサーフィン、歴史に熱中し、黒澤明の映画へ傾倒。USC映画学科へ進み、ルーカスらと出会い一緒に短編アニメーションを製作したりしていた。69年よりロジャー・コーマン門下生となり、「ダーク・ファイター8」で脚本家デビュー。以後、「ダーティーハリー」(クレジットなし)、「ロイ・ビーン」、「大いなる勇者」などメジャー作品の脚本を書く。73年の「デリンジャー」で監督デビュー。“タカ派監督”の異名を取りつつも、骨太な作品の脚本や監督をし続け、「風とライオン」、「ビッグ・ウェンズデー」、そして「地獄の黙示録」の脚本と話題作を提供。ちなみにスピルバーグの「ジョーズ」でロバート・ショウが昔話をするシークエンスは彼とミリアスが考えたシーンだとか。無類のガン・マニアでも知られ、全米ライフル協会の重役でもある。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ