ここから本文です

沢村光彦

略歴

1963年、長崎県出身。早稲田大学法学部卒業後、サラリーマンを経てプレイステーション用ソフト「金田一少年の事件簿」のシナリオを執筆したことを機に、ゲームやアニメーション作品の脚本に携わるようになる。代表作に、2002年にテレビ放映されたアニメーション「.hack//SIGN」、2003年にテレビ放映されたアニメーション「AVENGER」、2003年に発売されたプレイステーション2用ソフト「‐どこでもいっしょ‐私なえほん」など。熱烈な水木しげるファンとしても知られており、三池崇史監督の『妖怪大戦争』(2005)の共同脚本を手掛けている。『ゲゲゲの鬼太郎』(2007)のノベライズで小説家デビューも果たした。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ