ここから本文です

ジョン・ヒューストン

生年月日
1906年8月5日
出身地
アメリカ/ミズーリ州

略歴

父は名優ウォルター・ヒューストン。31年の「北海の漁火」で脚本家としてスタート、41年「マルタの鷹」で監督デビューを果たす。ハードボイルド・タッチの演出が評判となり、一躍スター監督になる。48年の「黄金」ではアカデミー監督賞と脚本賞を、51年の「アフリカの女王」では作品賞を受賞。俳優としての活躍も多々あり、「チャイナタウン」、「テンタクルズ」などに出演。5人の女性と結婚(最後の妻はイヴリン・キース)したがいずれも破局。娘アンジェリカは女優に、息子のトニーとダニーはそれぞれ脚本家と俳優になった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
ヴェネチア国際映画祭 第42回(1985年)
  • 特別金獅子生涯功労賞
NY批評家協会賞 第51回(1985年)
ゴールデン・グローブ 第43回(1985年)
カンヌ国際映画祭 第37回(1984年)
  • 特別賞
LA批評家協会賞 第5回(1979年)
  • 生涯功労賞
ゴールデン・グローブ 第21回(1963年)
NY批評家協会賞 第22回(1956年)
ヴェネチア国際映画祭 第14回(1953年)
アカデミー賞 第21回(1948年)
アカデミー賞 第21回(1948年)
NY批評家協会賞 第14回(1948年)
ゴールデン・グローブ 第6回(1948年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ